旅行・地域

エジプトでの思い出☆

2067176_3613906417s ほんとに毎日寒くなりましたねぇ‥typhoon(*≧m≦*)

エジプトって暑そうなイメージじゃないですか??

それが私が訪れたときは少し肌寒いくらいでした。sweat01

私が旅をしたいろんな国のことを

書かせてもらってますが‥今回はエジプトでの思い出にします。heart01

順番は、、、、きまぐれです。笑wobbly スエズ運河を渡ってエジプトへ行きました。

エジプトといえば、やはりピラミットでしょうかsun

2067176_3431719179s

やっぱりおっきいですよね。ピラミッドにスフィンクスlovely

スフィンクスの見つめる先には‥ケンタッキーフライドチキンがあると

某番組でいっていましたが、、、ありました、確かに。up

そこでポテトを買いましたwink 

博物館ではミイラもみてきました。scissors

とりあえず凄いのから‥偽物??とおもうものまで‥。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

残念ながらミイラは撮影禁止のため、写真はないんです。down

目にはやきつけてきましたけどねッ(;´▽`A``

そしてエジプトといえばラクダでしょう。

2067176_3617485209s かわいいラクダさんですが‥。ラクダのおじさんにかかれば

ある意味、ピラミッドより、、、高いです。いろんな意味で。impact

おじさん:ラクダのらない??

Aさん:いいんですか?タダ?

おじさん:うん!乗るのタダよ!さぁ、のっったのった~!!

Aさん:ラクダを満喫中。。。。。happy01

Aさん:ありがとうございました。おろしてください。

おじさん: はい、じゃお金。paper

Aさん:え???タダじゃないの‥??

おじさん:乗るのはタダよ!降りるのはお金いるよ!

ってな 感じです。ラクダ立つとたかいので自分では降りれません。笑bearing

だけどいいおじさんもたくさんいるのであしからず。happy01

悪いおじさんにはつかまらないように‥heart04

エジプトに行ったときはきをつけてくださいね~wobbly

アラスカでの思い出☆

少し肌寒くなりましたね。typhoon

寒いといえば‥アラスカをおもいだします。

私は旅の最後にアラスカにいきました、happy01

アラスカではこれでも夏なんです。

私はキナイフィヨルドクルーズへ行きました。
いつもの客船を降りての、

6時間の小さなクルーズ船でのツアーです。

野生のラッコ、シャチ、クジラ、アザラシと出会いながら、
船はキナイフィヨルドの奥へと航海していきますheart02

IMG_6538.jpg

そしてたどり着いた先には見渡す限りの氷河です。

IMG_6316.jpg

写真で見ると穏やかな氷河なのですが、
氷河にヒビが入り、海面へ崩れる瞬間。。。。

IMG_6402.jpg

鼓膜をつんざく乾いた稲妻のような音がthunder
あたり一面に響き渡りました。

このダイナマイトのような音は、
カタログやDVDでは味わえないものです。heart04

しかし、実はもっと印象深いことがありました。shine

このフィヨルドクルーズのクルー。
何とupずっと半袖のTシャツ一枚だったのです。sad

防寒具を着込んで重装備の私と、
ポロシャツ一枚のクルー。

この差は一体何なのでしょうか?sun

冬はマイナス30度まで下がるアラスカで、
彼らはこの夏を満喫しているのでしょう‥coldsweats02

プラネタリウム☆

2067176_3627154777s_2 プラネタリウム‥diamond

先日小学校以来に、いってきました。heart02

めっちゃいぃです。綺麗です。heart01

解説のお兄さんの声もまろやかで‥

☆も本物みたいに精密でキラキラしてて綺麗で眠くなりました。confident

さすが新しくなっただけありますねっgood

プラネタリウムの満天の星空をみていると、

アフリカの夜空を思い出しました。diamond

11224873_237917408 前のブログでもおはなししましたが、

サファリでテントを張って一晩すごしました。

動物たちの鳴き声がいつまでも満天の星空に響き渡っていましたshine

プラネタリウムでみた天の川よりも

アフリカで見た天の川のほうが、キラキラしていました。

すぐにわかるくらい、たくさんの小さな星がかたまってできている

天の川。すごーく綺麗で朝方までみていました。lovely

11224873_1855532978s アフリカでは 本当に

たくさんの動物に出会えました。

ジープのすぐ近くまできてくれますよ。heart01

一番始めの写真は

旅をしていた船のデッキからの一枚。 サンセットは日によって場所によって

毎日いろんな表情をみせてくれました。

前方デッキはあたしのお気に入りの場所でした。shine

2067176_1990557834s 夜は照明を消してくれているので真っ暗。なので

☆、☆,☆、星です。

よくみんなでデッキに寝転んで

たくさんの流れ星をみながら語り合いました。shine

大切なお友達。

去年旅した寄港地のひとつ、ベトナム。

ここでは、日本人200人とベトナムの青年団200人の交流キャンプにImage039 Image038 参加しました。

私は同い年のChog という女の子がペアになり、2日間生活を共にしました。sun

まずお互いの国の出し物をして、私たち日本人は

一生懸命練習したソーラン節やエイサーなどをお披露目しました。happy01

夜は砂浜で400人でキャンプファイヤーをして朝方までワイワィ…heart04

次の日はChogに

ダナンの街を案内してもらいバイクにも乗せてもらいました。

ベトナムはバイクだらけなんですdash

2日間だけで、言葉もそんなに通じなかったですが

すごくすごく仲良くなって、最後は港まで

お見送りにきてくれて涙を流してくれましたweep

Chogと私を繋いでいた出港式の紙テープは

船が遠くなっても、ギリギリまで切れませんでした。diamondshine

離れていても大切な大切なお友達です。heart

写真はChogと私 と キャンプファイヤーです。

インドの涙

Image043 Image041

去年、旅した国のひとつ。

インドの下にある

sweat02涙の形をした島国sweat02 

スリランカdiamond

わたしはコロンボにある小さな田舎町に行き

村のたくさんの子供たちと青空の下はしゃぎまわって

現地の方の家にホームステイしました。

ムシムシしていて雨はほとんど降らないのですが

私が行ったときには珍しくスコールが降りました。

すごく貴重な雨なんです。rain

その後はきれいで真っ青な空に戻りました。

村の人々が 私に

「来てくれたから感動の涙の雨だよ」といってくれました。heart04

とてもあたたかい人達ばかりで感動しました。

次の日には象の孤児院へsun

目の見えない象 地雷を踏んでしまい足のない象 

親のいない象 耳の聞こえない象

たくさんの象と出会い、色んなことを感じました。

孤児院内には水浴びできる川はないので

 一日に2回象たちは、いっせいに村の商店を突き抜けて川へいきます。

象の大群、すごいド迫力でした。happy02

写真は水浴びしている象たちですッhappy01